2006年04月20日

さぁ!分散投資をやってみよう!!

待ってましたぁ!


ぱちぱちぱちぱち!ようやくちゃんとしたノウハウが出てきそうですね!できる限り丁寧にご説明したいと思います。

まず、国際分散投資とは何かと言うのを簡単に説明すると、一つの商品に資金を集中して投資するのとは違って、色んな商品に資金を分散して投資します。し〜か〜も、国や地域も分けてです!これだけ聞くと、すっごい大金持ちの世界という感じに聞こえますが、10万円ぐらいからで充分にはじめられますからね!
※普通は、さらに毎月積み立てて累積させていくという手法も、この考えに含まれていますが、とりあえず今回は忘れておいてください。


国際分散投資の魅力は、何度もお話している通りほったらかし度が高いという所です。国際分散投資のプランと言えば、1.IFA型投資コンサルのもの2.自分で投信を使って組むもの3.最近流行のMLM型のもの。僕の考えでは1⇒2⇒3の順番にオススメします。中でも、こちらのページでご説明するのはのやり方です。

1と3のやり方については特に説明することがないからです(爆)でも、軽く言及しておきますね!

1のやり方について
もし、貴方の周りに信頼のおけるIFA型投資コンサルの方がいらっしゃいましたら、その方に「国際分散投資のプラン組んで!」って頼むのがベストです。その代わり、2のやり方よりコンサル料とか管理料とか手数料は高くなるので、そこは事前によく確認してください。
※ご参考:僕が依頼しているプランは年間経費が約14000円のものです。

3のやり方について
「国際分散投資、MLM」で検索すればサイトが幾らでも出てきます。そちらのサイトの方に説明してもらってください。ただし、僕はこのやり方は推奨いたしません。理由が聞きたい方は個別にメールをください。長くなるのでここでは省略します。


2のやり方について
さて、こちらが本題です!ここでもう一度、僕がもっているプランを見てください。

国際分散投資


右側(国内モノ)
・国内債券20%
・国内大型株式20%
・国内小型株式10%

左側(外国モノ)
・外国株式10%
・外国債券20%
・新興国株式20%

ポイント
1.国内モノと外国モノの比率が1:1
2.リスクの低い債券が40%
3.リスク中くらいの株式が30%(国内大型と外国株)
4.リスク高の株式が30%(国内小型と新興国)

変動幅:約25%※最大25%増えることもあれば最悪25%減ることもあるという目安です。


と、このような中身になっています。

大事なのは、やはり変動幅というものですね。25%増えれば嬉しいですが、25%減ると悲しいものです。国際分散投資は、長期的に投資することにメリットがあるので、一年後に25%減ったらどうしよう?と脅えながら投資するのであれば、別の投資先を探すべきです。もちろん、国際分散投資の考え方は収益性を安定させるものであり、実績もある投資方法ですので、長期投資という前提であれば、そこまで脅える必要はないと思います。

さて、その長期投資という前提のもと、どういうスタンスをとっていくかという点で変動幅について考えて見ましょう。僕がコンサルの方に推奨されたのは、そもそも変動幅20%のものでした。それはバランス型として提案されたものです。ただし、僕自身が新興国株式に期待があるため、外国株式の10%を新興国株式に移したのが現在の上記のプランです。


これまでお話した点を踏まえますと、下記のようなプラン変更の提案が考えられます。
※ベースは上記のプランだとします。
※下記は参考でしかありません。決定はご自分の責任でお願い致します。
※国内モノと海外モノの比率は、1:1をキープすることを推奨します。

1.近い将来、投資資金を引き出す可能性があると考えられる方
リスクを低くするために変動幅を狭くした方が良いでしょう!
⇒株式に当てられている比率を10%〜15%ほど債券に割り当ててはいかがでしょう?

2.少しギャンブルっぽくてもいいから大きく増やす夢を見たい!という方
リスクをとってもいいのでしたら、変動幅を大きくしてみましょう!
⇒債券に当てられている比率を株式に割り当ててみたり、さらに小型株式や新興国株式の割合を増やすというのはいかがでしょう?

3.上記どちらにも当てはまらず、特にこだわりのない方
僕が修正する前のプラン、新興国株式10%で外国株式20%(後は変わらず)というプランがバランス型なので、それでいかがでしょう?

4.1や2にも当てはまらず、新興国株式には夢がある!という方
僕が修正した後のプラン、このページの最初に説明しているプランのままでいかがでしょう?


次回は口座開設からポートフォリオを作るまでについてより具体的に説明します☆
posted by 結依斗<女々しき思想家> at 19:00| ノンジャンル投資−実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

即実践お役立ちリンク(口座開設・資料請求など)

こちらのページでは、結依斗が厳選した金融機関の資料請求などのリンクを用意しております。

 
■利用銀行を見直す
資料請求・口座開設が直ぐにできます!
※収入と支出を適切に管理し、手数料を軽減したりする賢い利用に必須です

◇新生銀行 ⇒ ページ内リンク
◇イーバンク ⇒ ページ内リンク
◇ジャパンネット銀行 ⇒ ページ内リンク

 
◇新生銀行 銀行一覧に戻る(ページ内リンク)
・メインバンクにオススメ
・振込手数料は、ネットからなら月5回まで無料
・ATM手数料は24時間365日無料!口座管理手数料無料!
 ※郵貯、セブンイレブン、海外でも無料
<結依斗より一言>
下記のイーバンク、ジャパンネット銀行、金融機関などへの振込などを考えると強力なメインバンクとなります!

口座開設はこちら


 
◇イーバンク 銀行一覧に戻る(ページ内リンク)
Yahoo!Japan指定銀行などネット決済を幅広く対応!
口座維持手数料無料!高金利!モバイルバンキング対応!
・振込手数料はイーバンク同士なら無料、他行などもお得!
 ※給与振込すると他行振込手数料5回まで無料
ATM24時間対応!
 ※イーバンクカードニコスの場合、セブン銀行無料、郵便局ATM月5回無料
・toto、競馬、競艇がネットからできる!
・メールアドレスのみによる簡単送金など便利!
・キャッシュカードなし、クレジットカード機能付きのイーバンクカード(ニコス)などが選べます!
<結依斗より一言>
ネットのお財布として必須の銀行です。ネット決済とクレジットカード決済専門に使っています。
クレジットカード決済やネット決済した毎に、支払い金額をこちらの口座に移し替えることで、支出を管理しています!
下記のジャパンネット銀行と組み合わせるとネット決済はほとんど手数料無料になります!

<↓口座開設からクレジットカード機能付きイーバンクカード発行
イーバンクカード

<↓クレジットカード機能不要
口座開設はこちら


 
◇ジャパンネット銀行 銀行一覧に戻る(ページ内リンク)
Yahoo!Japan指定銀行などネット決済を幅広く対応!
・口座維持手数料105円/月
 ※無料になる条件多数!
  前月中の預金平均残高(定期預金含む)10万円以上で無料!
  口座開設から3ヶ月無料!ローン契約にて無料!
  前月中の振込3万円以上もしくは2回以上で無料など
・提携ATM手数料157円
 ※無料になる条件多数!
  提携ATMは三井住友銀行、@B∧NK、イーネット、セブン銀行
・競艇、競馬、競輪など当日に申込みできます!
 ※当日にできるのはジャパンネット銀行だけです!
・証券会社やFX口座への資金移動がスピーティかつ手数料無料になるケースが多数あります!
・ネットキャッシングに力を入れており、ローンの一本化、返済日の自由な選択、金利負担の軽減など、キャッシングのメリットが強みです!
<結依斗より一言>
ネットのお財布として必須の銀行です。ネット決済と証券会社への資金移動などに使っています。口座維持手数料が気になりますが、10万円以上の残高を維持される方や、キャッシングを利用される方は無料になります。また、公営競技を利用される方は、利用金額より3万円多く引き出せば、週初に3万円振り込まれることになるなどの方法により無料にできます!
上記のイーバンクと組み合わせるとネット決済はほとんど手数料無料になります!

<↓個人の方>


<↓法人・営業性個人の方>
posted by 結依斗<女々しき思想家> at 17:12| ノンジャンル投資−実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。