2006年04月11日

情報哲学 〜ソクラテスと情報化社会〜

我ながらかっこいいタイトルだ!!



と、自己満足した所で、情報と言われるものについてアカデミックに語ってみちゃったりしよっかな〜って思ってます(←なんてラフな態度や・・・汗


この記事に書く内容は、ボク自身が実に長いこと探求中であり、成功どころか投資もビジネスも、そして人生自体に深く関わるた〜いせつなお話であるのであります。

みなさんが尊敬されている先生や様々な成功者も、意外に情報についてはアツく語っていないところがあると思います。というのもまだまだ研究の余地が大幅にある分野だからでしょう!


ていうか、結依斗くんが何を知ってるのよ?!



と仰るアナタ!えぇ、ボクもそない知ってるわけではありませんが、いちお〜社会情報学修士という肩書きみたいなろくでもない何の役にも立たない経歴があるわけでして・・・(汗


なので、情報については学会で論文でも発表できるかって〜ぐらい深い思想をもっているのですが、なまじお堅い文は書けないもので・・・(爆)
※実際、作文書くほどの考察すら持ってませんが・・・(大汗


ハイ!気を取り直しまして、問題です。

情報といえば?



いんたーねっとぅ!と答えたアナタ!あ〜な〜た〜は、イケメンでしょう!


情報についての研究とか言うと、IT化社会的なイメージが強いのですが、そないなことありません。わかりやすいのがマスコミやジャーナリスト、さらにさかのぼれば、印刷技術の発明が社会に与えたインパクトは絶大だったわけです!ですから、今もさらに簡易になった電子コピーが、社会に与えるインパクトは大きいわけですよ。

そんなわけで、情報をアカデミックに語る時代というのは歴史が古く、ボクが起源として考えているのはソクラテスの「無知の知」


この世の全てのことは知りえるわけがないため、
自分が知らないということを知っておく必要がある



かなり異解釈してみましたが、まぁそんな感じなので、知ってるで!って気分はただの傲慢だ!ってわけであります。な〜の〜に!ボクは知ってる気分をしているというのは内緒ですが・・・☆


ま、それはおいておいて!生活において、一口に情報と言っても色々ありまさぁ〜ね!本に書いてあるノウハウも情報だし、小説に書いてあるストーリーも情報だし、テレビが発する光や音声みたいな無機質的なものも情報だし・・・とかね。

で、情報って奴が意味を成していく段階ってのがあります。意味がある情報ほどオイシイ的な感じだと思ってください。

それが、データ⇒情報⇒知識、という段階です。その段階ごとに抽象化とかいう現象があるんですが、そないなことはどうでもいいですたい!


例えば、さっき出たテレビの話なら、光やら音声やらがデータなんですよ。んで、それをオメメとかお耳で受け取って、頭の中で「○×っていう俳優さんがこう言った」っていう情報になりまさぁね!そういう情報を一時間ぐらい連続してブレインが処理をして、結果月9のドラマは面白かった!という知識になったりします(最後の太字は意味不明だ(>_<)

をっと!また長くなる癖が出てもうたって感じなので、ここらで戻しましょう。


さて、そんな情報を大事に考える人たちが言っているのが情報格差。情報を知る人と情報を知らない人の間で、生活レベルが変わってきたりするというお話ですな。

んな阿呆な!って思っている人は少ないとは思いますが、最近ベストセラー連続のお金持ち系書籍は、まさに情報の多い人が少ない人に対して訴えているものですね。そういう方は情報を処理して、さらに質と量ともに優れた知識をもっているのでしょう。


そういった現実やソクラテスの考えを踏まえて、皆様に気づいて頂きたいのは情報商材の重要性です。買って読むだけだったり、質の悪い情報であれば高い買い物ですが、必ず自ら行動するという決意のもと、質の良い情報であれば安い情報は多くあります。

時折、「自分で調べればこれくらいの情報は手に入る」と言う正当かに見える批判を述べる方がいらっさるわけなんですけど、これは損する考え方です。

単純ですな。お金は損していませんが、

時間を損します!



ホント石油より貴重です!(←なぜ石油と比較する?!)時間こそ、貴重で限りある資産ですから、良いこと知ってる人にはお金払ってでも教えてもらう必要がある時もあるのです。調べる時間なんてもったいないです!し〜か〜も、調べて得た情報を、同様な質の知識にするというのはとても難しいことなんです。たぶん、ソクラテスも生きてたら言うんじゃないでしょーか!


売ってくれ!俺は何も知らないから!!



しかし、いざ情報を買おうとしても騙されそうで怖い!って思うときもあります。そういう場合は、信頼できる人に相談すればいいんです!

ボクとかに!!



悩むときは、お気軽にメールください。ボクが買ったものであれば感想を、買ったものでなければ、仲間うちに聞いて情報収集して差し上げます。

お前が信じられないよ!


という方、残念ですので、信じてもらえるようもっと頑張ります!
※今日も長くなってしまった。。。
posted by 結依斗<女々しき思想家> at 21:26| Comment(2) | 女々しき思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!!
相互リンク申請ありがとうございます。
こちらも、リンクを貼りました。
よろしくです。

商材購入は、
自己投資をどれだけするか?
それと、自分には何が足りないか
を考えるといいと思います。

でも難しいですよね。。。
いつも、悩みます。
ではでは。
Posted by ネットで勝手に儲ける情報商材で勝手に稼ぐには at 2006年04月12日 22:15
樋口さん、コメント+相互リンクありがとうございました!

商材についてのアドバイスもありがとうございます!最近、「見極め方」が身についてきた自信が出てきたんです!
今度、無料レポートを作ろうかと思ってます☆

今後ともよろしくお願いします!
Posted by 結依斗<女々しき思想家> at 2006年04月12日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。