2006年02月08日

稼ぐ、働く、自己実現(ミクシィ日記より抜粋)

※ミクシィ日記(2/08)の記事より抜粋してます。。。


そうそう。ボクの生き方は僕が納得した理屈になりたっている。ボクは稼ぐことと自己実現を別個に考えている。さらに言えば働くということも違う。

稼ぐ=働く=自己実現と考えている人が大多数な気がするんだけど、僕は違う。退職したり転職活動したりしてると感じます。


SPAの記事「賢者はなぜ株ブームに乗らないか?」を思い出した(今日美容院で読みました、タイトルはアバウトな記憶)


その「賢者」の中の一人が以下のことを言った。「株で儲けてやろうという腹が気に食わない!株を買うのはおじいちゃんとかにやらせりゃいいんだ!今は自分の仕事に懸命になるべきだ!」

ボクは別の理由から株を買わないけど、この人の言うことは全く納得がいかない!株で儲けようとして悪いわけがないじゃないか。犯罪でもないし、誰かが迷惑を被るわけでもない。


とにかく、何が言いたいかと言うと、私は何で稼ごうが関係ないと思うんですよ!もちろん犯罪だとか、犯罪すれすれで人に迷惑をかけることはダメだと思うんですが。。。

まず、稼ぐ=働く、の場合の「働く」という言葉は、暗に「自分の肉体もしくは知能を使って」という意味を込めて使っています。投資している人も投資家として「働いている」という自覚を持っているかもしれませんが、「人を使って金を使って」というのは「働く」って言わないでしょう?

「金持ち父さん〜」とか「ユダヤ人大富豪の教え」とか読んだ人にはわかって頂けると思うんですけどね。

それと、働く=自己実現、の関係。この場合、「自分の肉体もしくは知能を使って」働くことによって自己実現する、っていうのは確かに理解できる気します。しかし、「働く」という言葉に常識的に潜在しているニュアンス「金銭のために」働くということ。それが自己実現とイコールと捉えられているのはおかしいと思うのです。

自己実現のために働きたい人は無償でも働けるわけですから。結果論として、稼ぎたいために働いたらそれが自己実現に繋がった、というのはわかります。しかし、稼ぐために働く職を探すときに自己実現を前提にすることは必須条件ではないと思うのです。

で、結局なにが言いたいのかというと。

僕の場合は稼ぐために働こうという気もないので、自分なりに工夫して稼いでいきたい!そして、稼げなくてもいいからやりたいことってのがあって、それが自己実現を念頭においた働くということになってる。

稼ぐためにやりたいことと自己実現のためにやりたいことはボクの場合は全く違う。
【関連する記事】
posted by 結依斗<女々しき思想家> at 00:00| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。